2016年7月31日日曜日

日本メーカーはなぜターボ技術で遅れているの?

  「なぜ日本はターボ技術で欧州に遅れをとったのか?」 おいおい、まだこんなこと言って小銭を稼いでいるライターがいるのかよ〜。もはやネタだろ。掲載したネットメディアのオートックワンも記事の内容を点検しましょうよ(このメーディアは記事に「これはオートックワンの見解ではありません」とか平気で書いてやがる・笑)。

  現状のラインナップの日本車にガソリンターボが少ないと感じるのは錯覚じゃないですか? そもそも欧州ではガソリンターボよりも急速にディーゼルターボが拡大してますし、ゴルフもポロもドイツのベースモデルは自然吸気ですし。そして日本メーカーがやらない理由は、「とりあえず必要なかったから」じゃないんですかね? ディーゼルならばハイブリッド並みの燃費が得られますけども、ガソリンターボでは日本の道路状況を考えるとCVTが効果的に使えないのは致命的です(スバル苦闘中)。

  それでもトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバルそれぞれに、『野暮』な理由でいくらかガソリンターボの必要が生じたようで、今では競争力のあるガソリンターボを作ってますけどね。日本市場見る限りだと圧倒的にガソリンターボな欧州ブランドに対して、日本車はハイブリッドばかりな印象ですけども、旧来の三菱ライセンスの直噴ターボを使っている欧州メーカーにとっては、トヨタが新たに投入したレクサス用のターボが喉から手が出るほど欲しいはず。マツダのものはまだわからないですけども、日本メーカーのターボの方が後から開発した分だけ際立っていたりします。なんで日本メーカーが導入を決めたかというと、それは某国でターボが人気だから。クラウンもスカイラインも某国で売り出すタイミングでターボを搭載しています。

  あとはHVに比べてターボの方が現地生産が容易といった事情もあります。インド製でも南アフリカ製でも比較的容易に生産が可能です。三菱が直噴ターボのライセンスを世界中のメーカーにバラまいてますから、新興国メーカーでも簡単に手に入る技術がターボです。それに対して現在進行形で進化しているハイブリッドは海外生産すると技術が盗まれることが懸念されます。実際にターボが主体に使われているメルセデスEクラスの組立工場は、マレーシア、タイ、インドネシア、インド、トルコ、エジプト、メキシコなどに意外なほど広範な新興国で行われていたりします。HVが基本になっているレクサスではなかなかこういう展開はできません。

  HVが当たり前過ぎてなかなか『ありがたみ」が感じられない日本ですけども、世界はトヨタとホンダの技術の特許が切れるのをずーっと待ってました。数年前までカーメディアは「HVは欧州には合わない」とか言ってましたが、当面は現地生産を行わないHVを欧州で売っても利幅は少なく、当然にトヨタが欧州で目立ったプロモーションすることもありませんでした。しかしカーメディアはその状況を一斉に「ハイブリッドは欧州で不人気」だとレッテルを貼ってました。この後にどういう展開が待っているか全く考えてないですねー、まさか欧州メーカーが争ってハイブリッドを導入することになるとは・・・。それはともかくトヨタとしてはタイムリミットがある中で他社が追従できないレベルまでよく進化させたと思います。

  初代プリウス発売から20年が経過し、主だった権利関係がフリーになったようで、欧州車でもびっくりするくらいに低価格のHVが登場してきました。欧州のメルセデスではHVのシェアが急拡大してSクラスに至ってはHVが全体の70%を越えているのだとか(いままでのSクラスのユニットの長所って何だったのかい!?)。これからの欧州車は高級モデルであればあるほどHVが主体になって行くはずです。日本のオッサンライター達はPHVなら欧州メーカーが日本勢を凌駕しているとか書いてますけど(Mマガジンの木村好宏さん)、イギリスでナンバー1シェアのPHVが何だかわかってんのか? さすがにトヨタと三菱以外のPHVはまだまだ技術的な裏付けといえる実績が無いから様子見しろ!とは書けないでしょうけど。

  もうオッサンライターは何も発言しない方がいいんじゃないですか!?(つまり廃業しろ!)。海外ブランドなんて短期的な利益を追ったところばかり。トヨタのように20年かかって技術の蓄積を図って、もっとも実用製が高いユニットを作るなんて心がけのメーカーなんてどこにも無いじゃん。欧州メーカーと日本メーカーを質的に比べることがそもそもの大間違いじゃないですか? 輸入車好きが自己満足したい気持ちはわからんでもないですけど、それを支えているのが日本メーカーの基礎技術なんですけどね。BMW好きなヤツとトヨタが好きなヤツは「質的」に大きく違うんです。だからBMW好きがBMWの尺度で日本車を罵倒しているのを見ると、どーしてもアホに見える。それが度を過ぎると、こんなダサいヤツが現れます。
 清水和夫がBMWのステマをやっているという疑惑の動画(BMW320d&アテンザXD)


  清水和夫はもうダメだな。そもそもマツダのディーゼルは先代のMZR-CDの時から噴け上がりではメルセデスやBMWが全く歯が立たないくらいに優れたエンジンでした。BMWの2000年代後半の主力ディーゼルであるND47D20は3000rpmで終了、メルセデスに至っては1700rpmで終了だったとか。BMWの現行ディーゼルであるB47はマツダのディーゼルを追いかけて確かに頑張って4000rpmまでピークを上げましたけれども、さらに進化したスカイアクティブDはその遥か上の4500rpmに達しています。沢村慎太朗さんも大谷達也さんも書いてますし、それから自分自身が体感する限りでも、噴け上がりに関してはスカイアクティブDのフィールが完全勝利。それなのに清水和夫は2013年のDST(動画)で320dを絶賛して「5400rpmまでしっかり回りますね!」とか吠えてます。もちろん4000rpmより上は燃料をムダに吹いてるだけなんですけどね(壊れちゃうよ!)。なんかBMWに言わされてる感がハンパね〜・・・こういう情けない日本のオッサンは見たくない。

 清水和夫がBMWのステマをやっているという疑惑の動画(BMW320d&アテンザXD)

最新投稿まとめブログ

2016年7月5日火曜日

評論家によるマツダ・イジメが大ブーム!!何が起こったのか!?

  ちょっとに自身の連載で「新型プリウスはアクセラを軽く越えた!」とマツダファンを挑発した某大物ライターが2016年6月15日発売の同じ雑誌の連載で、今度は「DS3とデミオでは天国と地獄くらいの差があるwww・・・」などとさらっと書いております。これは一体!? DS3のレビューを書くだけなのに、なんでわざわざデミオを引き合いに出したのでしょうか? 確かに同じ連載で結構前に登場したデミオの回から「このクルマはイマイチだ」という不機嫌な雰囲気をガンガンに出しておられましたから、今回も全くブレてないのは確かなんですけども。

  レビューの文章の構成そのものの流れを完全にブッタ切ってまで冒頭にマツダへの「当てつけ」のを持って来るのにはビックリ!! マツダはこのライターに対して何かをやらかしたのか!? それとも別の意図が!?カーメディア業界の闇は深いです。実のところをいうと、ここ数年は特定のクルマを極端にボロクソに貶すレビューってのは減っているように感じてました。国産車を差別的に扱って、徹底的にバカにする手法が多いベストカーは全く読まなくなったので、ただ単にそう感じるだけなのかもしれないですけども。

  その一方で休刊・廃刊がしばしばあります。出版不況!新型車激減!クルマユーザーも激減!ですから、もう誰しも上手くいくとは思ってないです。けれども下らないTV見ているより渡辺敏史さんや西川淳さんのレビュー読んでいるほうがずっと暇つぶしにはいい!!! なんだかんだで月に1〜2万円はクルマ雑誌買ってますから、それが無くなると淋しいですね。カーメディアの魅力の1つとして、「もっと日本メーカーがボコボコにされる文章が読みたいんだ!!!」そんな猟奇的な読者を満足させる!?といった要素があります。ごくごくノーマルな人間でも一度読めば、渦巻く本能にすぐに火が付くかも。結構中毒性あります。俗世間のパンピーが大好物な「過激レビュー」こそがカーメディアの本懐だ!メーカーに遠慮せずにどんどん盛り上げろ!!!ってことなんですかね。ゆえにとりあえず好調なマツダを火だるまにしているのでしょうか?(いやいやマツダがダメなだけだろ・・・)

  さて前述の大物ライターですが、この6月15日号ではマツダだけでなくスバルにも喰ってかかります。もう好調なブランドを片っ端から潰す気マンマンですね。デミオユーザーのみなさん!安心してください!デミオに対しては全体の印象としてダメ!!といういくらか疑問符が付くボコり方でしたが、フォレスターへのそれは全く鬼畜な「問答無用の完全否定モード」でして「市販車としてあり得ないレベル!」とかなり強烈です。こんなクソをエラそうに仕立てるメーカーが、クルマの良し悪しなんか語ってんじゃねーぞ!!!何がレヴォーグSTIだよ!!!スバルとスバリストなんて、アホ同士が傷を舐め合っている単なる集団勘違い野郎に過ぎない!!!とでも言いたいようです。

  マツダのユーザーとしても、前々からこのライターは一回ボコっておいた方がいいんじゃないか?と思っていたんですけどね。デミオでワインディングを走ったら、もうゲロゲロもいいとこだよ〜、決して「走りが好きな人」が選ぶようなクルマじゃないよ〜!!!いい年齢したジジイライターが100万円台の国産車に下品に噛み付いてんじゃねーよ!!!カーメディアのえげつない一言でどんどんクルマが売れなくなってんだよ!!!・・・と成毛眞さんが「これが『買い』だ」という本で指摘してましたよ。この人はクルマの専門家というワケではなく、元マイクロソフト日本法人の社長を務めた人ですけども。「一般人」がとてもいいこと言ってるかも。

  さてまるで昔を思い出したかのように、メーカーに牙を向きはじめたこの連載のレビューですが、マツダやスバルだけでは飽き足らずに、いよいよレビューの主役となっている「DS」(旧シトロエンDS)の新型モデルにまで及びます。このライターは国産車であっても輸入車であっても、一旦スイッチが入ったら悶絶するような貶し文句がドンドン出てきます(VWやBMWの時とは別人!?)。最初に登場したデミオへの言及など、もはや全く批判と呼べるものでは無いのかも!?そう思ってしまうくらいにビックリなエスカレート具合です。その烈火のような批判の矛先になったのがDS4に追加された新型モデルの「クロスバック」です。

  試乗しはじめてすぐにフォレスター並みに酷過ぎる下からの突き上げと、建て付けの悪すぎるボデーに疑問が沸き始め、すぐに一度停めてフォレスター的な欠陥がどこに起因するのか検分したとのこと(故障か!?って不安になるときありますよね・笑)。結局わからず終いだったようですが、これ以上乗っていても「時間の無駄」とまで扱き下ろします。フォレスターの悪いところが全て乗り移ったような駄作!!!だって・・・。このレビューをもしクルマの契約者が読んだら大ショックでトラウマになるレベルかも(ゆえに大物ライターなのですが)。350万円払ってこの言われようではショックがあまりにも大きくて可哀相過ぎでは!? DSやスバルのSUVが気に入ったんだから別にいいじゃん。たぶんSUVのワイルドな乗り味っていう方向で開発者がやや力んだだけで、もしかしたら理想が高過ぎる仕上げだったんじゃないですかね。スバルもDSも・・・。

  この連載ですが4月15日号がVWのトゥーランとポロGTIでした。もちろんどちらも高評価・・・まあこの2台ならば、完全にレビュアー次第ですかね。要は好きか?嫌いか?だけの話。「好き」ならば適当な美点を書き連ねればOK、「嫌い」ならば「退屈・・・」って書いてしまえばそれまでです。前回のプリウスのレビューでは、「どのように」総合力が上がったのかをシビアに言及したのちに、ゴルフや1erといったCセグの最高水準にまで達した!!!(アクセラはまだまだ下だよー)とまで言い切りました。

  VWイイデスネ!トヨタもGOOD JOB!結局は世界で1000万台を売るだけの知見が正しい方向へ進めば、弱小のマツダ、スバル、DSといったブランドは木っ端みじんだ・・・。まーそんなことはよくわかってるけどさ・・・、三洋、三菱、JVCケンウッドとは違うトライオードの良さを語る!!!のがこのライターの真骨頂だと思ってましたよ。「やっぱり大手がいい!」・・・っていうウチのお袋でも言いそうな結論にはガッカリですわ。そんなにマツダ、スバル、DSが見るベきもののないくらいにダメだんですかね?


リンク
「最新投稿まとめブログ」