2017年1月24日火曜日

クルマプレイボーイとかいう雑誌で小沢コージさんがテキトーな仕事やってるよー。

  最初に言っておきますけど、小沢コージさんはわりと好きなライターの1人です。正直に言えばあの独特の軽いノリに関しては、当初から「なんだコイツは!?」と思ってましたけども、彼がさまざまな媒体で手掛けるレビューを10、20と読んでみて少しずつ気がついたのが、この人は自動車ライターの中では圧倒的に文章が上手いな!!ということです。雑誌レビューだろうが、WEBレビューだろうが、これが一旦読み始めると、途切れることなく最後まで読み切れるよどみの無い流れになっていることがほとんどです。これには毎度毎度が完全に計算しつくされた展開なんだなーと割と最近になって気がつきました。

  そんな小沢コージさんなんですが、年末に発売された「クルマプレイボーイ」というチャラい企画雑誌で、今回ばかりはいつもよりもずっと「ゆるーい仕事」をしています。これはさすがにツッコミどころが満載なので、とりあえず一通りはイジっておこうと思います。雑誌大手の集英社だけあって定価はうれしい480円!!それなのに豊田章男社長、マツダの藤原常務、水野さん(GT-R)、多田さん(トヨタ86)にスバリストにはおなじみの辰巳さんといった大物のインタビューが入っているなかなかのコスパを誇る豪華版です。

  その中で小沢コージさんが担当したのが、日本COTYを受賞したスバルの新型インプレッサの特集ページです。「クルマ・プレイボーイ」というクソガキ相手の企画といことで、読者層はそれほどクルマに詳しくないと思ったのか、まるで3年前の焼き直し記事のようにライバルのゴルフをかなり熱心にプッシュしています(ちゃんと仕事してくれー)。2013年に7代目がデビューして2014年まではあちらこちらで絶賛記事が飛び交っていたVWゴルフですが、2015年を境にタブーな存在になり、カーメディアの「暗黙の了解」となって久しいですが、今回その封印を打ち破る意図があったのかもしれませんが、小沢コージさんがなかなか「懐かしい」ことを書きなぐっています。

  ちょっと前のカーグラフィック誌上で行われたインプレッサの記事ではゴルフはまるで腫れ物に触るように「可もなく不可もなく」といった書かれ方をしていました。そもそも2013年の当初からこういう地味な扱いこそが欧州におけるゴルフの「堅実なイメージ」には合っていると思うので、カーメディアの変わり身の早さにとんでもない節操のなさを感じつつも、これはこれでカーメディアの健全化が進んだと喜んでいましたが、小沢コージさんはそれを逆流させます。久々に見た「絶対王者ゴルフ」という見出し・・・。これは3年前の一連のゴルフのプロモーションにおいても、東アジア(日中韓)のカーメディアだけで限定的に行われた書き方でして、とりあえずイギリスやドイツのカーメディアではまったくと言っていいほどに見られない表現なので、それを真に受けた日本のゴルフユーザーがやたらと勘違いしているのは痛々しい限りでした・・・。

  このブログでちょっと前に触れましたが、Cセグハッチバックに対して最も造形が深いと思われる森口将之さんは、新型インプレッサもVWゴルフもとてもじゃないがCセグの世界トップの器ではない!!とか仰ってました。これはこれで、日本のゴルフ信者とスバル信者を全員敵に回したなー。森口さんに言わせればマツダやプジョーの方が上だろ!!ってことなんでしょうけど、この2台のアドバンテージも実際のところはやや不明です。ひと昔前と比べれもどうもCセグ車は全体的にメーカーの気合が感じない設計になってしまいました。あえて一番頑張っているところを選定すると、それはボルボV40じゃないか!?

  さて単なる「焼き直し」でしかない小沢コージさんの記事のゴルフ絶賛部分ですが、よくよく読んでみると結構デタラメなことが書いてあります。まず無知なユーザーを欺くポイントとして、「ダウンサイジングターボとDCTの組み合わせは、高速ではハイブリッドをしのぐ総合力だ」とか書いてやがります。これ何年前の騙し文句だよ!!両角岳彦とかいう下劣なライターが以前にCVTに対するネガティブキャンペーンをやった時に使った手だな・・・。高速で燃費稼ぐなら自然吸気ガソリンにMTという低コストユニットで定速走行すればいくらでも伸びるって。そもそも「高速では」とかいう限定条件付きの燃費議論自体が不毛なんですけどね(こんなのクルマの初歩だろ!!)。

  私の弱小ブログにも感化された「アレ」な人がコメントよこしてくれましたけど、クルマの初歩すら分っていないなー、これはバカバカしいと思いつつ、失礼極まりない返事をしちゃいましたね。あれからもう3年くらい経つのか・・・。もう誰も両角さんみたいに「高速では」なんていう根本的に設定が間違っていて愚かな燃費議論なのに、それを自著で真顔で語る人なんてのはいなくなったと思ってましたが、よりによって小沢コージさんがいまさらにそれを蒸し返してくるなんて・・・。簡単に言ってしまうと、「動き出し」と「回生ブレーキ」が多用されて初めて真価が発揮されるのがハイブリッドですから、高速道路を定速走行したところでモーターの分だけ余計な重量増となっているハンデ状態でしかないです。これは小学生に説明しても十分に分ってもらえるレベルの話なんですけどね。「クルマ・プレイボーイ」だからっていくらなんでもナメ過ぎでしょ。

  さらに小沢コージさんはやらかします。ゴルフは輸入車で初めてユーロNCAPとJNCAP(日本)で5つ星を獲得したモデルだ!!と無意味なことをドヤ顔で書いています。とりあえず現行だけでなく先代以前からすでにマツダ、スバル、ホンダ、日産から発売されるグローバルCセグだったら「ユーロ」「J」「アメリカ」の全てのNCAPで5つ星を取らないと「事件勃発」ってレベルの話ですよ!!日本車では世界最先端の衝突安全基準を維持するなんて「当たり前」の話なんですけどね。しかもゴルフのJNCAPの得点は、プチバンのホンダフリードよりも低い水準です(プリウスの方がずっと上!!なレベル)。もしシビック、アクセラ、インプレッサ、アルメーラがこんな「失態」を抱えていたら、カーメディアがほっとかないでしょうね。間違いなく袋叩きにされると思うのですが、なぜかゴルフに対しては非常に優しい対応です。

  3年前はたまーに「ゴルフは安全」とか言ってくるわけわかんないコメントがいくつもありました。そしてその都度コピべのように「JNCAPでプリウス(先代)に完敗してますけど、このコメントはガチですか!?」と返信してました。なんでこんなクソみたいなクルマが「日本COTY」とか取っちゃうのか!?それ自体がまったく謎でしたが、この年の選考の際に多くの審査員に協力を求めて組織票を作った!!と自画自賛していたのが他でもない小沢コージさんでしたっけ・・・。冒頭に書いたように小沢コージさんは「ちゃんと仕事すれば」決して無能なライターさんでは無いと思うんですけどねー。動員「兵力」もまだまだ相当に持ってようですし・・・。





  

2017年1月12日木曜日

なぜ最近のニューモデルマガジンXはVWに冷たいのか!?

  一体どーしたんですかね!?広告費の支出を打ち切られた?もしくは減額されたのかな!?(余計なお世話だ!!) ゴルフGTEやゴルフRといった国内では絶対に売れないようなクルマ(500万円のスイフトみたいなクルマ)を猛プッシュしていたのは、もう1年くらい前になるのかもしれませんが、誰が読んでも「ゴリ押し」「ステマ」でしかなかったVWとのいい関係が、突然の「破局」を迎えたかのような2017年2月号でした。

  VW期待の新型車であり、本国では既にリリースされていて、まもなく日本でも発売される予定の新型ティグアンというSUVがあります。別のブログで書いたこともありましたが、このクルマはSUVにも関わらず、衝突安全テスト(ユーロNCAP)では、メルセデスEクラス、アウディA4など並みいる高級セダンを押し退けて安全性で2016年のベスト3に選ばれるという奇跡的な結果を残しました(これはCX5やエクストレイルでも成し得ていない快挙!!)。なんとティグアンを上回ったクルマはアルファロメオ・ジュリアだけなんだって!!これはスゴい!!

  VWの象徴として君臨してきたゴルフに代わるブランドのニュースターの日本上陸だというのに、ニューモデルマガジンXはそれを巻頭に持ってくることもなく、なんと表紙は・・・まだまだ先の2018年に登場予定の次のアテンザでした。まあ確かにスクープ感はあるしモデルの「惹き」があるのはわかるけどさ。さて巻頭のアテンザ(内容はほぼ無し)に続いてはティグアンの登場か?と思いきや、年末のいかにも怪しい時期に出て来た新型スイフト。何が怪しいか?って2017年から排ガス規制が一気に厳しくなるので、このタイミングでの小排気量ターボの投入はどうもキナ臭いです。まあ同じことが1.4Lターボのティグアン(1月発売?)にも言えるけど。

  スイフトも期待されているクルマではありますけども、あのVWが利害関係で大きくモメていて完全に目の敵にしているスズキをティグアンの前に持ってくるとは!!しかもスイフトHVに価格面で対抗するために、慌ててトヨタが投入したヴィッツHV(1月発売らしい)の価格表まで出てます。もはやどちらもVWポロ(199万円〜)に迫る価格なんですけど、「激戦必死」!?どちらも全力のコスパ対決であることを強調してます。以前のニューモデルマガジンXならば「日本のBセグなのに高価過ぎる!!」ってツッコミ入れてるはずなのに・・・これはちょっと変だなー。

  その後もスープラ、プリウスPHV、レクサスLCとトヨタ自慢の新型車ラッシュに紙面を大幅に割譲しています。挙げ句の果てには、ティグアンの前にレクサスGS廃止!?というなんともガセっぽい報道まで挿入してきます・・・まだ新型シャシー投入から5年なんですけどね。それにしてもモデル廃止のネタがティグアンの前に来ますか!?

  さてやっと登場したティグアンですが、発売直前ということでインポーターからリークされた価格表が出ています。ちなみに360万円〜です。同じく今年の上半期には日本発売される予定のプジョー3008の方が安くなりそうですね。「衝突安全基準」VS「モダンインテリア」というなかなか競争力がありそうで興味深い対決なんですけどね(コンパクトHVの競争とかどーでもいいって)。

  まあ日本市場ではぜんぜん知名度がないティグアンの取り扱いなんてのは、今のところはこんなものだと思いますが、「まさかこのコーナーで!?」というところでVWに対するディスが行われます。ディスというよりVWが日本のユーザーにあまり知られたくない恥部みたいなところを白日に晒した!!(タブーに挑戦した)だけなんですが、もちろんそういう「高尚」な記事が書ける連載持ちライターといえば牧野茂雄さんです。中国市場における当局の政策に、VWがメルケルを使って干渉した!!って話です。安倍政権では絶対にできない!!安倍さんよりもトランプ氏よりも自国優先主義を発揮するメルケルの裏の顔を暴露しています。

  さらにダメ押しは、年内最後の発売ということで、今年のベストカーが決められたのが「ざ総括」。毎回のように輸入車に栄冠が与えられるプロパガンダ全開の覆面座談会なんですけども、今回ももちろん輸入車が受賞なんですけども、ブランドはスズキ!!あれあれあれこの雑誌の別のコーナーで3人のオッサンライターが「日本を走るレベルに無い!!」とかボロクソ言っていたのに年間最優秀車ですか!?なんだかなー。

  ちょっと調子狂うんですよね。カーメディアがアホみたいにVW最高!!って言ってるのはツッコミどころが満載で、読んでいてあれこれ頭を使って反論して脳が活性化してたのですけど、ここまでまともなコト書かれると眠くなる。あーーー退屈だな。しかもティグアンに関してはSUVとして画期的で、MQBプラットフォーム初!?といってもいいくらいにオススメできるクルマじゃないか?と思うんですけどね。

  最近ではVWも心を入れ替えた!?のかどうかわからないでど、ゴルフGTIにMTを設定したり、パサートにも2Lターボのモデルを導入してくるなど、所有してみたいと思えるクルマもちょくちょく出て来てるんですよね。数年前は本当にひどかったですから・・・。ブログを書き始めてもう4年。世の中は少しずつ変わっていくことを感じたお正月でした。今年はどんな面白い記事に出会えるでしょうか?