スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

福野礼一郎さん「MAZDA車はカッコ悪い。デザイナーが何もわかってない・・・」

新シリーズ創刊!!  CX-60の発売と同じくらい嬉しいことに、福野礼一郎さんの新しい単行本シリーズが発売された。「福野礼一郎・スポーツカー論1」という題名だからには「2」「3」と「ゲンロク」の連載が続く限りは、毎年この時期(6月頃)に1年分のレビューをまとめて出版してくれそうだ。世紀の大傑作だった「世界自動車戦争論1」は直後のリーマンショックで業界が大きく変わってしまい「2」が出なかった(20年スパンで2028年とかに出る?)。毎年発売されているモーターファンイラストレーティッドの連載をまとめた「クルマ評論」もあるけど、もうどんな内容だって買うから、とにかくずっと出し続けてほしい。 永久保存版の傑作 ごくごくメジャーな乗用車をレビューする「クルマ評論」とは違って、完全に趣味の世界の2シータースポーツカーだけを相手にする「スポーツカー論」なので、福野さんの本領発揮なところがとにかく面白い。ある程度は読者が限定されることもあって、ファンの期待通りにメチャクチャに突っ走っている。ほんの一部をネタバレさせてもらうが、詳細は書きませんし、興味のある方は実際に読んでみることをオススメする。自動車雑誌2〜3冊分くらいの税込2640円だけど、雑誌買ってもほとんど福野連載しか読まない人にとっては12冊分の価値はあると思う。 MAZDAとポルシェをボッコボコ この投稿のタイトルにもあるように、MAZDAのデザインが「本末転倒」だという福野理論は、コアなMAZDAファンほど妙に納得してしまうのではないか!? MAZDAとポルシェ以外は買わない主義のブログ主としては、この本でこの2ブランドが徹底的に叩かれているのがとにかく新鮮でしかない。「もうこの2ブランドは脳死状態」と言わんばかりの怒涛の福野節に圧倒された(筆力がハンパない)。ちなみにレビュー対象として登場する日本ブランドはMAZDAのみだ。BMW、アウディ、メルセデス、レクサスといった「非スポーツカーブランド」は一切登場しないのだけど、とあるエピソードからメルセデスが強烈に被弾。「ブタ」とかいう差別用語はさすがに時代を感じて苦笑いだが・・・。 線引き この本を読んで怒り出すMAZDAファン(にわかは除く)ってほとんどいないと思う。ポルシェファンにしても同じだろう(にわかなユーザーのリアクションは想像できな

最新の投稿

国沢さんの「提言」に従ったらMAZDAは間違いなく終わる・・・。

国沢さんはなぜMAZDAの「トップダウン体制」に反対するのか!?

「CX-60報道」 本質が語れないカーメディアの限界。

水野和敏さんとI田N渡さんの「キャスター角」論が真逆の食い違い!?

K沢さんの「MAZDA経営批判」に横槍

全カーメディアお手上げ状態のMAZDA・CX-60

「MAZDAのハンドリングはゴミ」だと・・・水野和敏さんが仰る

「CX-5は平凡な出来」・・・とRIDE NOW島下泰久さんが言ってる

2021-2022日本COTYの結果発表 (集計が面倒くせー)

「EV推進の罠」の読書感想文を書いたら、著者の一人にボコボコにされた・・・