スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目の投稿

福野礼一郎「こんなDCTは早く捨てた方がいい」ボロクソの名門ブランド・・・

最初から壊れている!? 日本のユーザーはどこまで我慢して使い続けるかを試しているような、非常にぎこちない操作感。思わずディーラーの営業マンに「このクルマ壊れてませんか?」と訊いてしまった。お値段は一声で100万円以上も値引き。「本体価格」とは一体何だったんだよ!?・・・これは7年ほど前に実際に輸入車ディーラーで試乗して感じたことだ。


低価格の輸入車は・・・ このブランドに限らず、昨今の1000万円以下で買えるお手頃な輸入ブランド車の多くに共通したことだが、どうも「ミッション」「エンジン」「ボデー」「サスペンション」「ステアリング」「アクセルフィール」「ブレーキ」「ドア開閉音」「シート」といった些細な部位で、ちょっと看過できないほどの「躾けの悪さ」と、素材・品質の弱さに気づいてしまうことが多い。いつから欧州ブランドは当たり前のことが当たり前にできなくなったのだろうか!?


諸悪の根源は日本の大手メーカー!? 2010年頃の素晴らしい著作を読むと、福野礼一郎氏は、2000年代に見られたドイツブランド車の品質低下問題に際して、「間接的な責任はトヨタとレクサスにある」と断じていた。トヨタのクルマ作りを取り入れた結果が、2000年代に入って見るも無残に質感を無くした欧州ブランドの姿だと舌鋒鋭く切り込んでいた(出典「世界自動車戦争論」双葉社)。


新車作り過ぎ問題・・・ それから10年が経過した。トヨタの真似をして本来の姿を見失ったとされる欧州ブランドへの福野評はさらにどう変わったのか!?2000年代の「トヨタ化」により徐々に「平凡」で「低品質」な乗り味がデフォになったけども、リーマンショックを経てさらに「トヨタを超えるコストダウン」へと邁進し、2010年代を通してさらなる次元へと変容を遂げた欧州ブランドは「落ちるところまで落ちた」らしい。もはや「トヨタの真似」などと表現することは、真面目に研究開発費を計上して良いクルマを作ろうとしているトヨタに対して大変失礼な話であり、ものすごいペースで乱発される新型モデルに対しては、ほぼカネを払う価値すら無くなったようで、ひたすらに激しい不満をブチまけるようになった。

とうとうバラした・・・輸入ブランドの内幕 読者に変な固定概念を植え付けるのは良くないのだけど、冒頭に書いたように、ここ数年の欧州ブランド車は試乗した直後に「日本市場からいなくなればいいのに」と呟…

最新の投稿

福野礼一郎「トヨタになり切らないと商売はデカくならない、けど・・・」 至言炸裂。

MAZDA前田育男氏 「マスを狙う日本&ドイツ車はMAZDAの敵ではない・・・」

「自粛警察」が河口まなぶ容疑者を検挙・・・

「LOVE CARS 忖度」河口まなぶが日本メーカーを挑発・・・レクサスLSはゴミ!?

メディアの「フライング」業績報道にMAZDAがキレる・・・

自動車評論にも「スローメディア」を!! 『福野礼一郎あれ以後全集8』

MAZDAのWEB記事 ヤフコメ相変わらず盛況・・・

これがAJAJ会員の自動車レビューか!?  新型 スズキ・ハスラー

マツダといえば、LOVECARS! TV! 河口まなぶ(インフルエンサー) なのか!?・・・

「マツダはATを多段化しろ!!」と書くAJAJライターのレビューなんて読む必要がない