2016年2月29日月曜日

「マツダ魂」は本当に魂の1冊でした!

  ちょっと前に「マツダ魂」(笠倉出版社)という、やや小降りなムック(不定期雑誌)が発売されました。これは「サクラムック・ビジュアル図鑑シリーズ」という飛行機・バイク・古美術品など趣味のビギナー向けムックなのですが、いつも自動車専門メディアの無粋な文章とは違って、ライターの偏見などに煩わしい想いをすることもなく非常に読んでいて気分がいい1冊だと思います。ターゲットはビギナーのようなので「わかりやすさ」に重点が置かれているというのもありますが、個人的にはクルマにブログを書く上でもいろいろ参考になりそうです。

  これまで発売されてきた歴代のマツダを特集する書籍は、非常にマニアックなマツダ好きを満足させる内容に終始したせいか、「興味深い話」と「どうでもいい話」がゴチャゴチャと盛り込まれていて、読者に努力を要求するような熱気ばかりがやや空回りしているものが多かったです。マツダに関する「どうでもいい話」って結構多いですよ。マツダが一流メーカーと同じ様に、パッケージ効率を考える話とか、燃費をよくする話とか、極めつけは販売店のサービスについてとか・・・(笑)。どれもよく考えればどうでもいいことなんですが、ひたすらにページが費やされていたりします。

  「マツダ車の良さって何ですか?」 一般ユーザーにアンケートを取れば、おそらく「デザイン(内外装)」「(運転操作の)ダイレクト感」「広島(ストーリー性)」などの要素からくるやたらと「情熱的」なイメージが多いのではないかと思います。この「マツダ魂」ページをぼんやり眺めていても、目に飛び込んでくる情報は、「マツダデザインの流麗さ」「サーキットに近い乗用車」「孤高の技術力」の3つが大きいですね。作り手とユーザーが見事に一致!!!・・・さすがにマツダの全面協力で編集されているだけあって、内容にブレが少ないです。

  それにしても「マツダの新戦略」と新たにマツダに惹き付けられたユーザーの「相思相愛」関係は実にすばらしいことです。たとえ私自身がそれほど惹き付けられていないとしても、それは自分のことにように歓びを感じます。アテンザの先代モデルと私の関係もそうでしたが、マツダはいつの時代も熱狂的にユーザーを捕まえるんですね! 今さらになって「私が好きだったマツダは・・・」なんてクソみたいな持論は何の役にも立ちませんし、もういい加減にブログでマツダの現行モデルについてゴタゴタ言うのは控えたいな・・・「マツダ魂」を読んでからというもの、我ながら実に殊勝な決意をしたものです。

  
  思い返せば、たまたま自分が免許を取ったころに「アテンザ」という新型モデルが登場しました。その初代・2代目はちょうど自分にとって良い選択といえるクルマでしたし、オーナーとしてとても誇らしげに感じることができる不世出なモデルです。オーナー馬鹿を承知で言うならば「10年に1度の名車」ですし、知らない人にわかりやすく説明する時には「欧州で成功した中型以上のセダンはセルシオ、スカイライン、アテンザの3台だけ!」みたいなこと言ってます。まあ・・・最高のクルマに巡りあってドライブが好きになった!!! そういうタイミングの巡り合わせの幸運にひたすら感謝すれば良いと思います。

  そして「新世代のマツダ」はまた新たなユーザーとの蜜月を過ごすために、スカイアクティブという変革がなされ、それが見事に注目されるようになっていますよ!という、ごくごく一般的な世の中の流れが、とってもよくわかる「書籍」だと思います。

  これまでも「新世代のマツダ」についての特集を組んだ書籍・雑誌をいろいろ見てきましたが、残念ながらスカイアクティブの魅力は少しも伝わってきませんでした(自分は旧世代への愛が強過ぎ?)。プロのライターが「内外装が良くなった!」とアテンザについて盛んに喧噪していましたが、先代アテンザユーザーからしてみれば新型の内装は先代の「デジャブ」でしかないです。そして大きく変化している部分、たとえばセンターコンソールの素材などは、どうも何度見ても雰囲気に馴染みませんでした(あのコンソールはやっぱりセダンとしていまいち表現力が乏しいのでは?)。

  さらにそんな「疑惑のコンソール」にアクセラに合わせて後から追加されたダイヤル式セレクターなどは、一目見て「がっかり」しましたよ。どう考えてもあそこに付ける必然性などないと思いますし、もし「ある」とするならば・・・それは失礼ですが非常に「安っぽい意図」だと思われます(どっかの真似!)。そんなこんなで発売以来MCを経ても現行アテンザはいまいち好きになれませんでした。ちょうどレクサスISに乗った時に感じるようなあからさまな「コピー感」とでもいいましょうか・・・、「それ」をガキみたいに喜ぶ人もいるようですが、アテンザに関してはそこが一番イケてない・・・そういう部分こそマツダの個性的なアイディアで主導権を取らないと・・・。

  カーメディアはアテンザの発売以来、大喝采を続けていましたが、そんな「くだらない」ことばかりを盛んに取り上げるわけです(まあ見方は人それぞれですけど〜)。もちろん「現行アテンザの魅力」は試乗を通していくつも発見しました。なんといっても「サイドライン」の力強さはいいですね!。比較するとレクサスGS、Eクラス、5シリーズがだいぶ貧相に見えてしまうほどに、グラマラスで近くで見るとさらに実に見事です。デザインCOTYでアストンやジャガーと並び立った最大の理由も、おそらくこの「サイドラインの革新」だと思います。はっきり言ってあの評判のフロントマスクは二の次・・・。とにかく「サイド」です(アクセラ・デミオとは違う!)。それだけにリアのランプ類に手が回らなかったのが残念すぎます。

  また「走り」に関してですが、サイズを考えると、とんでもなくキビキビとした走りをします。FRのライバルよりもハンドリングがいい!とかしばしば書かれていますけど、ライバルはだいたい1800kgクラスなので、ハンドリングが良いのも当たり前のことです。ただし、ひとむかし前に巨大な市場を作っていた「スポーティなセダン」とは完全に別物です。つまり初代や先代とは違う車です。用途も違えば、乗り方も違う・・・当然にユーザーも違うことでしょう。

  ちょうど2002年を境にスカイラインの評価が一変したあたりに状況が似ています。このまま現行アテンザを理解しようとせずに、低い評価(偏見)を続けていたら、「スカイラインは直6派」のみなさんと同じ輩になってしまいますね。それはちょっとイヤだな・・・だってあの日産叩きは実に不毛ですから。

  しかし、そんな「頑迷な旧マツダ好き」をとてもやさしく諭してくれるのがこの「マツダ魂」です。軽い気持ちで買ってみましたが、予想以上にとっても気に入りました。マツダに対する違う視点を持たせてくれたことでいろいろ考えることができました。今では廊下の本棚の一番手に取りやすいところに並べていて、入浴時(ちょうど良いサイズ)に読む本として愛用していて、もうかれこれ20回以上は開いています。(ちなみに「マツダのすべて」は3回くらいしか読んでない。)

  そしてページを開くたびに、なんだか「私」と「スカイアクティブ」の隙間がすこしずつ埋まっていくような不思議な充足感があります。これから歳を重ねていく自分にぴったりの現行マツダ車は何なのかな?なんて真面目に考えたところ、今のところロードスター(RS)とアテンザ(25S)の2車種が良さそうな気がします。まあ可能ならこの2台を「足して2で割った」ような車(シャシーはロードスターそしてボディ&内装はアテンザ)が希望ではあるのですけど。私のような頑迷な旧マツダ派はぜひ書店で見てみてください。


リンク
最新投稿まとめブログ

2016年2月19日金曜日

島下泰久さんが酷評した デザイン評価「1」のクルマとは・・・

  島下泰久さんが故・徳大寺有恒さんから引き継いだ「間違いだらけのクルマ選び」シリーズです。最初に言っておきますが、この本はクルマ選びにはそれなりに役立つものだと思います。素人にはわかりにくいポイントにうまく言及できている「痒い所に手が届く解説」が続きます・・・さすがは超一流の売れっ子ライター!!! この本を読んだ多く読者にとってはそれぞれのクルマのイメージが読む前とはだいぶ変わったりするのではないでしょうか。ぜひ来年以降も末長く続けて頂きたいものです(楽しみにしてます!)。

  このシリーズの巻末に必ず付いているのが、掲載されたクルマの「採点表」なるものです。徳大寺さんが始めたものとはいえ、これだけカーメディアの情報統制が厳しいなかで、全国の書店に流通するレベルの本でここまで「ハッキリ」と各モデルを得点化して、クルマの相対的な評価を周知させているのはこのシリーズだけでしょうね。ニューモデルマガジンXで西川(淳)さん達が無邪気にクルマの総合点を100点満点でザックリ(無責任に)採点してますけど、この本では細かく分けられた各要素ごとに1〜10でハッキリと「成績」が付けられています。

  その要素項目の中で最も上に書かれているのが「デザイン」です。これは女性の容姿を10段階で評定している!?そんな「背徳感」にも似た高揚感があります!!!。じっくり見入っていると「それは・・・島下さんの好みでしょ!」とツッコミを入れたくなるようなところも多々あります。挙げ足獲りを承知で挙げれば・・・GT-R「6」フェアレディZ「9」の採点にはちょっと首を捻りたいです。先代のZ33なら納得ですけど・・・。さらにジューク「8」ヴェゼル「4」というなかなかアヴァンギャルドな評価も飛び出します。ゴ◯ブリ「8」に対してガ◯ダム「4」ですか・・・。

  他にもミライ「6」に対してレヴォーグが「4」だったり、寸評に「似た者の多いKカーの中では異色の個性アリ」と書いておきながらN-ONEが「5」に留まったり、そしてそれに対してタント「8」ウェイク「7」など違和感というべきか不可解というべきか・・・。そうやってツッコミを入れて楽しむ読者への配慮(演出)だとしたら、あまり気分はよくないですけど、十二分に楽しませてもらっています。

  今年掲載されたラインナップで、見事に島下さんのハートを捉えたデザイン「10」のクルマを挙げると、「アルト」「シエンタ」「S660」です。確かに3台とも「がんばった!」と絶賛してあげたくなる力作ぞろいですね。もっとも異論はいくらでもあると思います。「3台とも欲しくない(乗りたくない)!」という人は山ほどいるでしょう。「10」だからといって、誰もが一目惚れして欲しくなるクルマというわけにはいかないです。そもそも職業ライターになると、クルマなんて見飽きてしまっていて、「目新しさ」に大きなウエイトが置かれているのかもしれません。

  さてその一方で、島下さんの逆鱗に触れてしまったデザイン「1」のクルマとは? 1台目は日産「マーチ」だそうです。この4代目マーチ(マイクラ)のデザインは海外では結構人気あるみたいですけどね。日本市場だけでの印象だと、やはり先代(3代目)のデザインがあまりにも偉大過ぎた!というのが評価が低い理由かな?という気がします。カルロス=ゴーン社長就任とともに日産デザインの全権を預かるようになった、「カリスマデザイナー」こと中村史郎氏が日産で初めてデザインチーフを務めたクルマがこの3代目マーチなんだそうです。

  ご本人が解説されているように、「草食動物」の瞳を連想させるヘッドライトを意図的に配することで「かわいさ」を表現して女性客を取り込むという手法が、このクルマから確立されたらしいです。言うまでもないですが、先代デミオで名を挙げたマツダの前田さんや、新生ルノーデザインが冴え渡るヴァン=デン=アッカーさんが、この手法を取り入れてます。

  そんな自他共に認める「名デザイン」の先代モデルから比べれば、現行マーチはどうも中途半端なイメージですね。ユーザーの間からも「かわいさが半減した・・・」という素っ気ないリアクションが出ているようです。中村史郎さんがその著書「ニホンのクルマのカタチの話」でこの4代目のデザインについても「言い訳」をしていますが、どうやら本格的に東南アジアでの販売を視野に入れて開発されたため、やや男性的な要素を入れた結果・・・こうなってしまったようです。マーケティング的には最善を尽くしたそうです・・・。

  さてデザイン「1」のもう一台は・・・トヨタ「クラウンアスリート」です。このクルマは、そんなにダメですか? レクサスGSが「9」なのにクラウンアスリートが「1」というのもなんだかな〜・・・。セダン本来の繊細な美しさを表現出来ているのは、クラウンアスリートの方だと思うんですけどね。GSが採用している「ファストバック=スタイル」は2016年の感覚だと「時代遅れ」な感じがします。2007年くらいから目立ちはじめましたけど、高級サルーン・デザインにおける「普遍性」は獲得できなかったですし、もはやこれは乗ってて恥ずかしいだろ!って思うのですが(完全に私自身の好みの問題ですが)。

  日本車とドイツ車で集中的に使われたことで、スタイルの陳腐化が加速しました。「メルセデスCLS」「アウディA7」「ポルシェ・パナメーラ」「日産フーガ」「レクサスGS」など名だたる高級サルーンで採用されている「ファストバック=スタイル」は、居住性とデザインを両立させる手法だそうですが、「メタボ」に見えるデザイン面では褒められたもんじゃないです。すっかりメタボデザインが板に付いた「BMW6シリーズ」もこの仲間です。そしてこのスタイルが「ダサい」ことを決定付けたモデルが「フェラーリ・フォー」というFRの4座サルーンです。このクルマの影響はデカいっす(笑)。

  島下さんは走りに関してはGSがクラス最良!クラウンは最低!という評価をしていますが、その感情がそのままデザインにまで及んでしまっているのかな? 日本で売られるセダンがぜんぶファストバックになってしまったら、とってもとっても悲しいです。やたらワイドで、しかもボディが厚くて、空気でパンパンに膨らましたようなデザインにしか見えない。クルマのデザインもメタボだけど、乗っているオッサンとその家族もメタボ・・・(完全に悪口)。その一方で街行くクラウンアスリートには節制して身だしなみも小綺麗な好々爺が乗っていて・・・。レクサスではなかなか感じられない「侘び寂び」が効いたデザインだなとアスリートを見かけるたびに思いますよ。

  全くの余談ですが・・・まだ発売がアナウンスされたばかりのアウディA4は、先代と変わらないデザインのせいか「5」となっています。スカイライン「7」レクサスIS「8」といったライバルより低いのですけど、なんだかこのクルマが気になって仕方ないです。この本読んだらさらに欲しくなりました。変に「目立たないデザイン」の良さってヤツですかね・・・。

リンク
最新投稿まとめブログ
 

2016年2月5日金曜日

ミニ・クラブマンが「ベスト・ミニ」だって?(ニューモデルマガジンX3月号)

  もう「この雑誌」にいちいちツッコムのはやめておこう! と毎回毎回思うのですけども、2016年3月号(1月26日発売)の「覆面」は久々にどでかい「釣り」を仕込んできたので、ちょっと衝動にかられて・・・。昨年の後半あたりから、「ミニ・クラブマン」というヤンチャなイメージばかりが先行する異端な(邪道な)ミニの派生車のプロモーションが目につきます。実際にミニブランドは3代目が日本でコケていて苦戦中なので、「こだわり」などあっさり捨てて「商用車」のようなゆるいボディのミニに賭けているようですね。しかし現実にこのクラスでクルマを考えている人にとっては、価格(350万くらい)など関係なしに「完全スルー」したくなるような、醜悪なアウトロー感を放っています。

  実はこのクルマは同じく2016年3月号(2月1日発売)のカーグラフィック(CG)でも、新型プリウスのガチ・ライバルとして「巻頭特集」に登場します。先にCGの特集について触れておきますと、「プリウス」「アクセラXD」「ミニ・クラブマン(1.5L直3ターボ)」の3台が招集されており、一体誰がこのキャスティングボードを握っていたのか?を考えさせるところ(おそらくトヨタ)から既に面白いです!! 順当に考えるとトヨタからCGへ相当な「協賛金」が拠出されていて、いわゆる「提灯記事」に分類される内容なのかもしれないですけど、去年までは絶対に考えられない「3ショット」だったことを考えると、この「まったく違和感がなくなった!」という肌感覚で、新型プリウスの実力が相当上がったことが伝わってきます。

  そもそも「トヨタ」に「マツダ」と「BMW」ですから、トヨタを中心とした友好関係(協業関係)にある3メーカーの「出来レース」ともいえます(インプレッサは仲間ハズレ?)。特集ページの中に見開きのとても見事な写真がありまして、左からプリウス、ミニクラブマン、アクセラの順で正面向いて並走している構図なんですが、なんだか3世代の新幹線が並んでいるようにも見えます。ちょっと例えが古いですけど、プリウスが300系、ミニクラブマンが0系、アクセラが100系に・・・特にライトの雰囲気が似てませんか? これこそがトヨタが自信を持ってOKした写真なんでしょうね。新型プリウスは、エクステリアデザインにおいても、これまで評価が高かったミニやアクセラと互角以上に並び立つ存在になったことを印象づけています。もうダサいとは言わせない!?

  CGは「雰囲気」で乗るクルマが嫌いなようで、特にミニブランドに対してはやや厳しい姿勢がしばしば見られるので、ちょっとバイアスがかかっているかな?という気もします。その一方で、輸入車に対しては一貫して激甘なのがニューモデルマガジンX(NMMX)で、一般ユーザーからは無視され、CGからは完全に噛ませ犬扱いのミニ・クラブマンに対しても徹底した温情査定を下しています。・・・素人が口出すことじゃないと思うのですけど、ミニのホイールベースを伸ばすことに何ら意味があるのでしょうか?

  そもそも最終評価が「☆4つ」のクルマなのに褒めるポイントがほとんど無く、どうやら誌面に対して字数が著しく足りなくなったようで、挙げ句の果てはリメイクで稼ぐビジネスモデルがどうだ!とか、全く無関係なベントレーやロールスのSUVの話など、こんな一般論をわざわざ「覆面」で語り合う必要があるのか?といった内容が続きます。さらにこのコーナーの定番中の定番となっている「アイシンAW」トークも炸裂します(もうこの話は何回目でしょうか?)。これからもボルボ、ミニ、シトロエン・・・etcなどアイシンAW採用車が登場する度に繰り返されるんでしょうね。簡単に触れておくと、アイシンAW(トヨタ系列)はトヨタ向けと輸入車向けでは全く別のミッションを設計していて、トヨタ(レクサス)向けは退屈極まりないけど、輸入車向けのものは良くできている!という・・・いかにもなオチです。実際に設計が違うのでしょうけど、どう考えてもミニよりもレクサスISの方がミッションは好印象だったけどな・・・さらに言うとZF8ATよりアイシンAW6ATの方がBMW の2L直4ターボエンジンとの相性いいと思います。

  話を整理すると、今回のNMMXは・・・

①ミニで一番邪道と思われるクラブマンを「ベスト・ミニ」と称したクレイジーがいた!
②何ら良さを伝えるエピソードは無いのに「☆4つ」の怪!

というトホホなミステイクを犯しつつも、さらに最悪だなと思うのが、

③☆4つのクルマを上から目線でただの「安物」扱い!!!

覆面とはいえ、訳知り顔のクソジジイ連中からこんな言われようでは、
誰もユーザーになりませんよ!!!

「タイヤだけでストロークさせているようなゴム感の乏しさ」(BMW本家もその兆候)
「操舵感は先代ミニのほうが良かった」(だってホイールベース長いし・・・)

なんかミニの本質を否定されたような気が・・・
「ミニの中ではいちばんお買い得で融通の利くクルマだ」
クソジジイはアルファードにでも乗ってろ!

批判ばっかりじゃあんまりなので・・・ちょっと付け加えますと、
もっと「カーメディア」はクルマに関する「夢」を語るべきなんだと思います。
いつしか金持ちの道楽の車を小バカにするカーメディアが増えてしまいました。
どんなクルマにだって必ず心躍らせて開発したエンジニアがいて、デザイナーがいて、
彼らが想像したそのクルマの青写真には笑顔のユーザーがいるはずなんです。
そんな当たり前のイメージを共有することすらできない、カーメディアは
ハッキリ言って「ゴミ」ですね。

クソジジイも20年前ならば、もっとクルマへの率直な夢とかあったと思うのですけど、
還暦にもなって「デートカー」について語るなんてできないですよね。
だから・・・さっさと身を引いて若い連中に書かせればいいと思うのです。
「若い連中はクルマになんて興味がない!」だって?
そう思うならば、間違ってもジジイしか読者がいない雑誌で、
「ミニ・クラブマン」なんて取り上げてはダメですよ。
還暦でこんなクルマに乗っているジジイはハッキリ言ってみっともないから!


リンク
最新投稿まとめブログ