2015年7月4日土曜日

モーターマガジンはやっぱりカスだ・・・舘内端はドイヒーだ。

  毎月のように「輸入車優遇」のプロパガンダ記事を連発するモーターマガジンですが、今回のはちょっと分りにくいので、先月号に引き続きスルーせずに噛み付きたいと思います。今回はこの雑誌に見開き2ページカラー写真付きの連載を持つ舘内端という大御所ライターが、絶好調のマツダ・デミオをディスっております。

  つーか「65歳くらい?のライターを日本車に乗せる」という企画そのものが絶望的なまでにクソです。今月のクルマは「デミオXD Lパケ」だそうですけど、読んでビックリすることに、本文全体の3割程度でデミオの話は完全終了です。しかもほとんど褒められてない!欧州のライバル車の方が楽しいよ!くらいのニュアンスが入ってます(まあ想定通りですけど)。そしてその後の7割は、あの石原都知事のパフォーマンスのように、老人特有の質の悪さがプンプンする、ディーゼルエンジン車に対する悪辣な意見が続きます。後半の7割を簡単に要約すると「ディーゼルは環境に悪いから、今やドイツ車はPHVの開発にシフトしたよ」といったところです。いや〜!つっこみ所が多すぎてどこから指摘したらいいのか分らないくらいですね・・・。

  ①「これ見よがしにPM2.5の排出問題に触れるならば、まずは欧州ブランドが日本で売るダウンサイジングターボの実態を伝えろ!」

このライターはホントに酷いですよ!先月号の同コーナーでは「BMWミニ」を取り上げています。このクルマの全く不必要なターボ化直噴化をまずは叩くべきではないですか? 欧州メーカーの内燃機関って遅れていて、高級車ブランドのメルセデスが、スズキの軽でも使っているリーンバーン技術をほんの一部のクルマにドヤ顔で使っていたりします。トヨタやホンダが小型車にもアトキンソンサイクルエンジンを実用化してまで環境と燃焼効率に執心しているのに、それらを無視して「やっぱり直噴ターボを使わない日本メーカーは遅れてる!」なんて愚かな大合唱を1年くらい前までカーメディア全体でやってましたよね?

 こんなナンセンスな風潮(日本のクルマ作りを不当に批判するアホが湧いている!)にメスをいれるべく、某政府系の研究機関から1年くらい前に発表されたのですが、VWポロはトヨタヴィッツの50倍!のNOxを出すという研究結果が出ました。あっさりと尻尾を掴まれてしまいましたね。舘内さんはわざわざご丁寧にNOxは日光に当たるとPM2.5に変わるという講釈を今月号でしてますけど、これはまさに先月号にやるべきネタじゃなかったですか? 1.2L直噴ターボという環境にとって最悪のエンジン積んでいる「BMWミニ」には何らおとがめなしで、デミオXDは特に研究結果も出て無いのにディーゼルだからってだけで批判するのですか?

  ②「NOxやPM2.5の発生は内燃機関ではなく後処理の問題だと指摘しろ!」

じじいライターというのは、VWには逆らわないものみたいですね。VWのインドや中国といったアジア向け車種はとにかく「排ガス処理」という概念は必要ないと思っているわけです。基準ギリギリを突破さえすれば、それ以上精度を挙げる必要ない!というメーカーの酷い開発姿勢が、先ほどの研究結果で明らかにされています。ちなみに現行のゴルフやポロに使われるエンジンは後処理をしないままだと2017年以降は日本市場での販売は出来なくなります。日本や中国の環境なんて知ったこっちゃないから、その時になったらまたやればいいくらいに思っているのでしょう。トヨタの廉価車ヴィッツだって規制値の50分の1以下まで丁寧に抑えているのに、モーターマガジンは一度たりともそれを報道したことがあったのか?

  ③「なぜ恥ずかしげもなくドイツメーカーがHV!と掌返しをするのか?」

トヨタとホンダがHVの開発競争に白熱していたころには、HVなんてエコでも何でも無い!とか息巻いていたカーライターが多かったように記憶しています。マツダがディーゼルを日本で出した頃も、まだまだそんな意見が多かったですよね。それなのに!環境問題に対応するために、HVに取り組むドイツメーカーは偉い!みたいな意味不明なこと言ってて恥ずかしくないですか? トヨタはもうとっくにFCVを発売しているし、ホンダも新型FCVを年内にも発売する時代ですよ? 基本技術まで無償公開して、他社の参入にも広く門戸を開いているのに・・・。トヨタやホンダが20年前に研究した成果にメルセデスやBMWが乗っかっているだけなのに、ドイツが日本よりも進んでいるという論理に持ち込むというクソっぷりは、じじいライターの常套手段ではありますけどね。

  ④「PMの話がしたいなら、トヨタ・ミライでも借りてきてからやれ!」

なんでディーゼルで頑張っているマツダのクルマを呼んだときに、こんな皮肉な議論を始めるのか? 燃料電池車を紹介する回で、CO2やらNOxやらPM2.5やら散々に話をしてあげれば、燃料電池車の有り難みがよくわかると思うのですけどね。さらに欧州でもディーゼルの規制が・・・みたいなことを言ってますけど、PM2.5の主原因は中国でも欧州でも分っていて、その多くは石炭を燃料とする暖房設備によるものなんだそうですよ。だから夏よりも冬の方が観測値が高くなるそうです。中国でバカ売れしている欧州のガソリンターボが原因なのか?と思ってましたけど、とりあえずは最も排出する発生源ではないみたいですね。

  ⑤「じじいライターは欧州の小型車にのるのを止めろ!そしてライターも辞めろ!」

頭の中が全くアップデートできておらず、「ディーゼル=汚い(間違ってないけど)」「VW=偉い」「日本メーカー=アホ、バカ、マヌケ」のまま40~50年ずっとやり続けた結果・・・アホなクルマ好きが増えてしまった。おかげで「クルマ好き=アホ」という世間の固定したイメージすら付いてしまった(なので私はリアルでは絶対にクルマ好きとは公言しませんし、匿名でブログを書き続けます)。とりあえず反省して下さい。

街中で欧州小型車を見かけたら、もう「アホ」が乗っている!でいいと思います。軽量なはずの小型車にわざわざターボを使う意味なんてないのに!欧州車が使う粗悪なスチールのせいで日本車のように軽くならないし、ミッションも安っぽいので壊れやすいし、山道走るとターボのくせに燃費悪くなるし(信号ないのになぜ?)、そして何よりNOxを50倍も振りまいて走っているわけです・・・。

さて舘内さんに、クソな欧州のガソリンターボに負けちゃうエンジンだとか、ギア比がオカシイとか散々に言われてしまったデミオXDは哀れですね・・・。まあこんなクソライターに広報車を貸し出した?マツダが大バカ野郎なんでしょうね。日本の将来などどうでもいい!20年後は環境も経済もボロボロになって若者が苦しめばいい!とばかりに、一生懸命に頑張っている日本メーカーを不当に貶める「じじいライター」をこれからもどんどん糾弾していきたいと思います。


リンク
最新投稿まとめブログ
  

6 件のコメント:

  1. 石原都知事って、アンタの頭もいつの時代で止まってるんだよ?
    皮肉も使い方を間違えると滑稽だよ。

    返信削除
    返信
    1. 間違え?ですか?・・・?

      削除
    2. そんな時代遅れな批判を老ライターが平気でしてる、という記事なのでは?
      そういった的外れな指摘こそ「滑稽」ですよ

      削除
    3. 石原都知事とディーゼル・・・何か変ですか?
      失礼ですが、読み手の理解力の問題では?

      削除
  2. のっちさん、こんばんは!

    モーマガはまだ拝見してませんが、
    今月号は買わないほうが良さそうですね・・・

    ここまで来ると、無知はもはや罪ですし
    メーカーの方はがっかりするでしょうね。
    以前FSWでレヴォーグの開発の方とお話させて頂いたときは
    素人の考えや無謀な提案などを真摯に聞いてくれまして。
    その上で様々な苦難(メーカーの姿勢、予算、世情、スバリストの要求w)と
    向き合い、頭を禿げ散らかしながら(本人談)戦っておられましたよ。
    件のCVTについても、独自の見解を持ちながら、ベターを追求したことも。
    マツダの開発者のお話も雑誌等でしか拝見してませんが、きっと同じでしょうね。

    ホント、名誉毀損レベルな気がします。

    車好き、公言して無いんですか?
    アホとは思われないかもしれませんが、
    生暖かい目で見られる時はありますかね・・・^^;

    デミオ、いい車だけどな・・・。

    返信削除
    返信
    1. yatsumeさんこんにちは

      今月のモーターマガジンは変な付録が付いて
      200円高いのに内容は全くツマラナイですよ。

      最近のカーメディアでは、マツダを持ち上げるトレンドが、
      完全に時代遅れになっているようで、
      徐々に風当たりが強くなってる気がします。

      今月のニューモデルマガジンXでもCX3が
      あの覆面座談会でフルボッコにされてました。
      マツダファンとしては、これはこれでいい傾向だと思いますけどね。
      MSアクセラとMSアテンザで反発してくれるのを期待したいです。

      友人や家族にはクルマの話もしますけど、
      初対面の人などには、興味はあるけどあまり詳しくないフリしてますね。
      東京だとクルマは贅沢品ですから・・・、気まずくなることもありますし。

      削除