2015年7月19日日曜日

前回批判した舘内端さんがとても「いい事」言ってますよ!

  モーターマガジンと並んで編集部員の文化レベルが低い?ことで有名な「ドライバー」にも連載を持っている舘内端さんが、先月号・今月号とスポーツカーに対してあれこれと自説を展開されています。いや〜今回の話は難解で、私のような凡人には全く理解できない次元の話が延々と続いています。ホンダS660に試乗されたようですが、あれこれ気に入らないことがあったようで、かなりのお怒りモードなご様子です。

  簡単に要約させてもらうと、「S660は基本技術が古いからダメ」ってことらしいです。「私の若い頃は最先端のテクノロジーを満載したスポーツカーに憧れたものだけど、これでは今の若者でも全く食い付かないよ〜」ってことだそうです。そうですよね・・・最初から若者をターゲットにしていない気がします。誰が軽自動車でデートに行くのか?って話ですよね(ちょっと違うかも・・・)。

  それにしても「最先端テクノロジー満載」のスポーツカーってのも、なんだかすごいですね。一体どんなクルマを想定されているのか全くわかりません。私のような70年代生まれのクソガキには、最新のマクラーレン650Sやポルシェ918を想像してしまうのですけど、そんなクルマを作っても買える若者はほんの僅かしかいないような気がするのですが・・・。それともスカイラインGT-Rの時代のツインターボ技術を今さらのように持ち出してきたBMW M3/M4あたりを想定されているのか?(いやプロライターならそんな不始末はしないはず!)このクルマに乗って「やっぱり最新テクノロジー満載のスポーツカーはすごいぜ!」とか厚顔無恥にぶちかますのはさすがに痛過ぎです。

  「S660とロードスターはどっちも古い!」とは・・・。まあ仰りたいことは解らないでもないです。日本メーカーが世界最先端の技術力を持っていると主張するなら、テスラロードスター(約1000万円)みたいなスポーツカーを作って半額で売ってみろ!ってことですよね。GT-Rもいいけどさ、EV開発の先駆者を自認する日産ならばEVのスポーツカーくらい作っておくべきだったですよね。しかし日産が本気で手掛けるとなるとファンの期待も高いですし、これで某ドイツメーカーが作った「愛・無限大(18)」みたいなややコメントしづらいクルマだったらシャレにならないですけどね・・・。

  ちなみにS660を作ったホンダは年内に「最新テクノロジー満載」のスーパースポーツを発表するとすでに予告しているわけですから、「日本の自動車が行き詰まっているのをしみじみ感じる」なんてちょっとヒドくないですか? まあ新型NSXはアメリカで開発されていますけどね。しかし百万歩譲って日本の自動車が行き詰まっているとするなら、もはや専用設計スポーツカーなんて全く作る余裕がないドイツや韓国の自動車は一体どういう状況なのでしょうか? まだスポーツカーを作れるだけ日本の自動車の状況はマシかと思いますね。欧州ではロードスターや86に拍手喝采ですし・・・。

  イギリスなんてまともにクルマを開発する資金がないから、政府からイギリスの工場で生産することを条件に融資してもらって、やっとのことで新型の乗用車(普通のクルマ)を作っている有様です(そんな危機的な体制下でレンジローバー・イヴォーグが生まれたのは結果オーライでしたけど)。そしてフランスの自動車はというと、ルノーは完全に日産の稼ぎを使ってつまらないクルマを作るただの穀潰しですし、PSAは案外あっさりと中国資本に乗っ取られてしまいました。その結果として主に中国市場の為に新しいプレミアムブランド「DS」が立ち上げられたことは喜ばしいですが・・・。

  まあちょっと気になった点を指摘させてもらいましたけど、十分に楽しめましたよ!というか、この「ドライバー9月号」の自動車缶詰はかなりイッちゃってて面白いです。・・・たった1ページなんですけど、私のツッコミなんてごくごく一部で、1ページまるごとボケ倒しています! そこに詰め込まれた言論の数々は、大変失礼ですが完全に「支離滅裂」といって差し支えないくらいです(笑)。

  これを読んで「とてもプロの文筆家の文章ではない!」と憤るのは昭和な人間のやることですね。やはり新しい人種はこれだけツッコミどころ満載の記事なんてほぼお目にかかれないですから存分に楽しむべきです(さすがの私でもここまでメチャクチャ書かないです!)。マジか?って思ったらぜひ書店やコンビニで74ページを開いてみてください。ついでに91ページの熊倉重春氏もS660について書いておられますが、こちらはS660を「新時代のスポーツカー」と表現されていて、クルマが良過ぎて公道では性能が出し切れないし、みたいなことを書かれています。あらら・・・。

  それでもまあ舘内さんのコラムにもキラリと光るところがありましたよ! 大変感銘を受けたので、最大の敬意を持って引用させて頂きたいと思います!

〜ここから引用〜
先日、VWパサートの試乗会に言った。千葉県の富津市で行われたのだが、世田谷から首都高速4号線で新宿へ、そこから新設の環状2号線に乗ると、大井は眼の前だった。千葉がとても身近になった。まだまだ開発が進まない千葉はとっておきの自然のある地域だ。その自然を残したまま開発が進むことを願いたい。
〜引用ここまで〜

いやー実に素晴らしいご挨拶だと思います。というか勝手に想像してしまいました。VWパサートはあまりお気に召さなかったようですね。まあ乗らなくてもわかりますよ!センスがまるでない内外装で、使い古されたエンジンとミッション。そしてMQB。これではゴルフよりも感銘を受けるクルマになるはずもない気がします。おそらく舘内さんはとても正直な方なんでしょうね。S660は古いと思ったから「古い」。そしてパサートは何も感じなかったから「スルー」なんでしょうね。もしいいクルマだったら「良かった!」と一言入るでしょうし、文章の後半には余計な部分が目立ちますし・・・。

  モーターマガジンのコーナーにパサートが登場する時は、一体どんなお話をして頂けるのでしょうか? いまからコメントをあれこれ想像しながら楽しみに発売日を待ちたいと思います!

リンク
最新投稿まとめブログ

  

  

  

2 件のコメント:

  1. 面白いですね。
    未だにこんな記事をかいてるんですから。。。。
    「日本の自動車メーカー、絶望的に欧州勢から後れか」
    http://biz-journal.jp/2015/10/post_12021.html

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      この手のライターをもっと叩いて
      啓蒙活動を楽しく頑張っていきたいです。

      削除