2017年8月17日木曜日

東洋経済オンラインが・・・ランエボを語る

  ネットユーザーってのは良くも悪くも『なんでもあり』なんですよね。『東洋経済』という看板を掲げたお堅いメディアが、まるで2チャンネル掲示板並みに下世話なニュースを垂れ流す、このギャップがそれなりに地殻変動を起こしています。『ビジネスリーダーのための高級誌』イメージが。今では典型的な『庶民のネットメディア』の代表格といった感が定着しつつある天下の『東洋経済オンライン』。

  このウェブメディアで流れるニュースの中で目立つのが、社会的な問いかけがスッポリ抜け落ちている『貧困ルポ』。やばい人を晒してみんなで嘲ることで、社会はどんどん浄化される!!そこに下手な正義感を出した『問いかけ』は不要(読者がシラケる)!!バカに手を差し伸べても無意味ってのは、日本の政治的な世論が決断しつつあることですから、特別にネットメディアが世相を乱しているということではないと思います。下手に上から目線で問題提起を行うと、しばしば『偏向報道』と罵られる始末・・・。社会正義を気取って『体裁』を取り繕ったテレビや新聞といった既存メディアのあり方に限界が出てきているのか!?

  それとは全く別の話ですけども、単に読者の優越感を煽るだけのクソみたいな内容が多い=『低俗』という批判は当然だと思います。ネットの末端で恋愛経験ゼロの人々が、有名人の色恋やら破局やら不倫やらをあざ笑うだけの世の中ってちょっと寂しいよなー。ネットが作る架空の『優越感』に浸って自分が見えなくなっている人に対しては、ネットによる浄化作用は期待できないかも。電車にやばい格好で乗ってくるやばいオッサンだってネットくらい見ているはずなんだけどなー(何も起きてない)。女性はひと昔前と比べてかなり綺麗な身なりの人が増えた気がしますが・・・。これは偏見ですけども『東洋経済オンライン』もおそらく読者層のほとんどが『社会的』に底辺だと思われる『SPA!』とほぼ同じ層(ネットを見ても意味がない層)が見てるウェブメディアだと思われます。

  ちょっと前置きかが長くなりました。ヤフーのトップに『ランエボ復活』の話題が出ていたので、発信元がどこかはわからないままにクリック。どーせオートックワンかクリッカーじゃないの!?と思っていたら『東洋経済ONLINE』のロゴに思わず失笑です。どーせ、「クルマに興味ある」程度の一般ライターが、調べてきたどーでもいい誰でも知ってるレベルのこと書いているんだろーな!!と、なんとも失礼な先入観がむくむくと膨らみます。

  が・・・読んで2、3行でしたかね。あれ?これは案外にマトモだぞ。ちょっと期待がいい方に裏切られます。福野礼一郎さんや沢村慎太朗さんのレビューだと思って、高いハードルで読んでいたら、平凡だなー・・・くらいの印象だったかもしれないですが、なんと言っても『東洋経済オンライン』ですからねー。

  このウェブ版の読者を増やした初代の編集長は30代の若手で、私と同じ年齢の慶應卒のエリートの方なんですけども、その人の成功体験を綴った本が、何を言っているのか全くわからないし強烈につまらなかった!!それこそ「ジャンプ」しか読んでこなかったんじゃねーの疑惑が浮かぶレベル!!これじゃあ30歳前に出世街道を外されてウェブに左遷されちゃうよなー・・・そこだけ妙にリアリティあった!!

  しかし能力が必ずしも出世に結びつく訳ではない!!のいい例ですね。ビッグウェーブに乗れ!!世の中で威張っているバブル世代なんて丸々ビッグウェーブに乗っただけですから、そんな輩が舵取りしている企業の株なんて怖くてなかなか手が出せません!!Tみたいな安定志向の製造大手だって今後は泡のように消えていくよきっと。

  なんか話が脱線してしまいますが、『東洋経済』ってだけでもはや『読む価値なし』に分類している人も多いんじゃないの!?私もそんな一人です。なのでロゴを見た瞬間にブラウザーを閉じたくなりましたが、もしかしたらブログのネタにでもなるかなーと閲覧した次第です。どーせ間違いがボロボロ出てくるんだろーな。三菱がルノー日産グループ入りして、幹部がエボの復活に言及!!それからルノー・メガーヌRSの2Lターボが使われるのでは!?という憶測が広がっています。ベストカーやらニューモデルマガジンXやらでもダラダラと書いてあったりしますが、ネットメディアでは読者の反応もあって、『三菱のエンジンじゃないと意味がない!!』と真っ当な意見も・・・。

  つーか、ベストカーもニューモデルマガジンXもヤフーにコメントしている自称エボ好きもさ・・・お前ら別に三菱のこともランエボのこともなんとも思ってないだろ!?なんで2007年のエボX以降は開発が止まってしまったのか!?ってことを考えれば、単純に三菱の車体に三菱のハイパワーターボを積んてAYCがあればランエボ復活!!ってことにはならないことわかるだろ!!

  結論から言うと、ベストカーにもニューモデルマガジンXにも言及されていないレベルの話が、『東洋経済オンライン』の記事には書いてありました。もっともクルマ好きにとってはほぼ常識レベルの話ではありますけど。東洋経済オンラインが、自動車専門メディアと偽エボファンに対して、『4B11が載ればそれでいいのか!?お前らアホだろ!?エボって言った4G63なんだよ!!』と中指を突き立てています!!

  『4B11』はFCAやヒュンダイ・キアとの共同ライセンスの汎用ユニットだ・・・って話が出てきたあたりから、この記事誰が書いてんだ!?これは物書きは業界にはあまりいないレベルだぞ!!とざわめきが止まらなくなり、先にクレジット見るために文末へ。そこに書かれていた名前は・・・『森口将之』。

  やっぱりなー!!これだけバランス感覚に優れた記事かける人なんてほとんどいないよ(プロでは)!!しかもよりによってナンバー1の森口さんかよー!!東洋経済は、カネにモノ言わせて一流ライターに仕事させてやがるなー!!

  ちなみに独断と偏見で私が選んだ『バランス感覚に優れたライターベスト5』はこちら!!
森口将之さん・大谷達也さん・渡辺敏史さん・山田弘樹さん・武田公実さん
信頼できるライターと言ってもいいかも。5人中4人が『ティーポ』だな・・・。ただし『信頼できる』ライターのレビューってのはあまり面白くない・・・真面目過ぎるから。

 

最新投稿まとめブログ

↓こういうお仕事がバックボーンなってバランス感覚が優れているようです!!

0 件のコメント:

コメントを投稿