新型カローラスポーツに・・・『歴史的名車』の称号が与えられる




カローラはまだ「待ち」だと思うけど・・・

  7月くらいに発売されたカローラスポーツ。クラウンと同時に発表され、次世代トヨタの屋台骨として大いなる進化を盛り込んだモデルってことは薄々感じています。カローラスポーツ発表後に、トヨタは続けざまに1.5Lや2Lといった中型車向けの新しいエンジンを次々と投入しているので、これからもっとエキサイティングなグレードが追加で出てくることが予想されます。よってまだまだ全然カローラファミリーの全貌はわからないです。


トヨタが自然吸気!?

  レクサスUXに新たに搭載される2.0L自然吸気は171psだそうです。気持ちよく回るVテックやMZRをとても恋しく思っている、ホンダやマツダのコアなユーザーを引き剥がせるような力技を繰り出してくるとは・・・。これからはHVが主体になる!?と思われていたレクサスの拡販用新型モデルに、シビックやBMWがターボユニットで出しているくらいの出力(180psくらい)を、あっさり2LのNAで気持ちよく出せるユニットが追加されます。売れるかどうか不透明なUXにとっては、これはとても貴重な切り札になりそうだ・・・トヨタはやはり本気で『いいクルマ』を作るつもりらしい。


BMWの自然吸気ユニットが蘇る!?

  他にもホンダやVWにガチンコで対抗してトヨタも新たに1.5Lターボをすでに準備完了しているらしい。ホンダ&VWとは方針が違っていて直列3気筒とのことなので、これはBMWとのアライアンスで開発コストを上手く削減しているのかもしれない。当然ながらグローバルで拡販するカローラ、C-HRに180psくらいになって搭載されるらしい。ヴォクシー/ノアもこのエンジンになるんだろうなー。・・・ってことは直4の2L版も、BMWのモジュラー設計を使った新企画なのか!?BMWからはすでに消えてしまった自然吸気が密かに蘇る!?


2019年Cセグ大戦争に備えてます。

  現状では1.2Lターボと1.8Lハイブリッドの2ユニットだけなので、シャシーに魅力を感じている人には、まだまだ手が出しにくい状況だけども、これに1.5Lターボ(180ps)、2.0LNA(171ps)、2.0Lターボ(300ps?)がGRブランドを含めて追加されそうだ。いやグローバルモデルだから絶対にやるだろーな。日本で全部がカタログモデルで発売になるかどうかはわからないけども。来年の日本のCセグ市場は、ゴルフ、Aクラス、アクセラの同時発売。シルフィNISMO、新型WRXも参戦してくる!?

ニューモデルマガジンXの秘密の暗号

  そんな魅力を秘めたままの新型カローラスポーツに対して、毎月2〜3台の新型車を徹底評価している「ニューモデルマガジンX」から絶対的な『お墨付き』が降った!!これが与えれたということは、新型カローラスポーツはもう「ちょっといい」のレベルを超えた、世代を代表する名車に匹敵するという最大級の評価に決まったらしい。ここ数年でこの『お墨付き』をもらったクルマはたったの2台しかないのだけども、一台は日本市場で瞬く間に大ベストセラーとなった「ホンダN-BOX」の2代目、そしてもう一台はこの5年でもっとも世界で売れているSUVに登り詰めた「マツダCX-5」の2代目だ。


選ばれしクルマの領域「星2つ」

  このコーナーにはメルセデス、BMW、アウディ、ボルボなど欧州の有名ブランド車が多数登場しているが、そのいずれもが「N-BOX」「CX-5」「カローラスポーツ」が受けた最高評価にまではさすがにたどり着けていない。欧州車では絶対に越えられないレベルの究極のステージに立っている日本車がわずか3台だけある。なかなか素人にはその違いがわかりかねるけども、ニューモデルマガジンXの覆面座談会に集まる自動車産業に従事してきたプロフェッショナルな人々ならばそれははっきりとわかるのだろう。さすがだ・・・絶対的な価値を持つ「星2つ」


世界を変えるクルマ「星2つ」

  新型カローラスポーツが今後、日本やグローバルでどれだけの評価を受けるかまだわからないですけども、すでに『お墨付き』を与えているN-BOXとCX-5は、ホンダの日本におけるビジネスと、マツダ全体のビジネスにおいて、それぞれ無くてはならない絶対的な存在になりました。100万円くらいで買うイメージだったはずの軽自動車が、N-BOXの場合は150~200万円くらいの価格にも関わらず月に15000〜20000台も売れちゃうわけです。CX-5の登場以来、マツダでは300万円前後のクルマが今までにない勢いで売れています。


その根拠を教えて欲しい・・・

  N-BOX、CX-5。これだけの破格の成功を収めたクルマは世界中を見渡してもほとんど例がないわけですけども、その2台だけを完璧に的中させているニューモデルマガジンXの『慧眼』は恐るべきだと思います。2度あることは3度ある・・・じゃないですけども、カローラスポーツも何らかのトヨタのビジネスを大きくブレークスルーする成功を収めることは確実らしい。根拠はちょっと素人にはわからないですけども・・・。


なぜ秘密の暗号で評価するのだろうか・・・

  ニューモデルマガジンXの面白いところは、これだけピタリと世界を変えるクルマを言い当てるくらいに全てを見通しているのに、その紙面上では「わざと」見解とは全く違う座談レビューを載せていることです。3年以上はこの雑誌を買い続けていないと全くなんのことだかサッパリわかりません。「星2つ」>「星5つ」>「星4つ」>「星3」の順番になっています!!なんて一言も書いてない。初めて読んだ人には「星2つ」が歴史的名車の評価だなんて、全くわからないです。


本文からは全くその理由がわかりません!!

  今回のカローラスポーツのレビューをちょっと抜粋してみると・・・
「読者の皆さん、ごめんなさい。評価はボロクソです。すでにカローラスポーツを買った方には、なおさらごめんなさい。」・・・え?ここまで読者を欺く必要がどこにあるのだろうか!?素直に「いいクルマですよ!!買っといて損は絶対にないです!!」って書いて何が不都合なのだろうか!?


低すぎるから名車なのか!?立ち過ぎだから名車なのか!

  「日本人標準の脚が短い体型ではメーターパネルが低すぎる。メーターも角度が立ち過ぎだ。運転席ヒップポイントはプリウスと同じだろうから、ダッシュボートの造形だけ違うプリウスだ。」・・・名車認定をしておいてからの、このツンデレ評価ですかー!?振れ幅がデカくてもうついていけません〜。


ドSですねー・・・

  「いまのトヨタ車は300万円払っても貧乏くさい。世の中はデフレなのにトヨタ車はインフレだ。」・・・これは悪態がすげーなー。あまりのカローラスポーツの完成度の高さ故に悪口の一つでも言って見たくなったのだろうか!?読者を欺いて楽しむカモフラージュにしては、あまりにも芸がこまかいなー。読者からのツッコミがそんなに欲しいのだろうか!?世の中はデフレ!?トヨタだけがインフレ!?ポルシェとか・・・どーなの!?


業界全体を考えろ!!と厳しい一言が・・・

  「まずは『トヨタのCセグメント車はどうあるべきか』を考えるべきだ。」・・・名車確定レベルの評価を出してお手上げと言いつつも、トヨタ経営陣にさらに厳しい一言を発する!!これこそ権謀術数の中で生きる大人の読み物なのか!?こんなクルマを世界で売ったら業界全体が沈むぞ!!という警告!?あるいはカローラスポーツにまったく及ばない評価しかもらえなかった他の多くの輸入車(登場するクルマの7割は輸入車)は「もう死んじゃえ!!」ってことなのか!?最後通告・・・。


まあ成功するんだろーな。

  これから自然吸気ユニットも、ホンダやVWの主力となる1.5Lターボをキャッチアップしたユニットも、シビックtypeRやゴルフRに匹敵するハイパフォーマンスユニットも、全部出してくるでしょう。世界で最も利益を上げているトヨタなのだから、堂々とセグメント全体を横断するような、幅広いパワーユニットを用意してもいいんじゃないですか!?そのユニットも業界トップレベルをしっかりベンチマークしている。CVT、電気CVT、iMT、トルコンAT・・・その気になったらどれでも配備できる。これだけのマテリアルがあって、トヨタには「いいクルマを作る」という動機が十分にあるのだから、まあ成功する確率はかなり高いのは間違いない・・・3度目の「星2つ」も見事に的中する予感しかない。


「吉田拓生氏 『マツダ・スバル好きはただのバカ!!』とまで言い切ったぞ!!おー素晴らしい!!」




最新投稿まとめブログ


コメント

人気の投稿