2017年7月13日木曜日

ベストカーは覆面素人ライターによる詐欺的記事を使うのやめろ!!

  日本カーオブザイヤーの選考委員になっているライターがたくさん登場する業界ナンバー1の発行部数を誇る『ベストカー』。月刊のクルマ雑誌が相次いで消えている中で、唯一『月2回発行』を維持できるのは『講談社』の力が大きいようです。それでも出版不況の影響もジリジリとあるようですね。毎回読むたびに気になるのが、ある程度名前の通った有名ライターのクレジットが入っているものの、わかる人が読めば私のようなド素人が書いんじゃないのー?という『詐欺的』な記事が出てくることです。

  例えば最新の8/10号では、新型カムリ発売に合わせて、セダンに脚光を当てた特集が組まれていましたが、その中に出てくる「セダン復権のキーワードは『ここ』いんある!?ベンツやBMWがセダン主流の理由」という記事がひどい!!「(欧州は)保守層が多いからセダンの人気が続いている」だってさ。ライターのクレジットには「片岡英明」とある。片岡さんといえば、複数の雑誌で仕事をしていて第一線で活躍する自動車ライターです。日本COTYの選考委員も務めておられます。そんな『超』がつくくらいの一流ライターがですよ!!欧州の「カンパニーカー制度」を知らないはずがないと思うんです!!

  片岡さんのような日本COTYの選考委員ともなれば、ドイツメーカーなどから国際的な試乗会への招待がたくさん舞い込んできて、毎月のように欧州や世界各地へ出かけて新型モデルに乗っているはず。セダンに関してはもう20年以上前から、欧州よりも北米や中国がメイン市場ということも当然にわかっているはず。これはもう完全に覆面素人ライターの仕事と断定せざるを得ません。ベンツもBMWも最新のセダンは中国で開発しているのに・・・。

  他にもプロライターでは絶対にありえないような内容が並びます。
『上質なセダンを生み出すのは簡単そうで難しい。〜中略〜ベンツやBMWなどのブランドは長い時間をかけ、名誉と信用を勝ち取ってきた。最近は進化の幅も大きい。』
・・・プロの自動車ライターだったらまずこんな抽象的な説明で済ませることは絶対にしないでしょう。もはやクルマ好きな小学生が言ってそうな内容です。アルバイトの大学生が書いてるのか!?一体どこの部分に『上質さ』を感じているんでしょうか!?

『日本のお家芸だった快適装備と安全装備も、(ドイツ車は)グレードに関わらず標準だ。』日本車では安全装備が標準では無いと言いたいのか!?北米IIHSの評価を見る限りでもトップセーフティの23車種の内で日本車は16車種でドイツ1車種ここまで徹底的に差がついています。セダンではアコード、シビック、アテンザ、アクセラ、カムリ、アルティマ、ジェネシスG90など、日本車と韓国車しか出てきませんけどねー。

  まるでドイツのセダンが世界で人気で、日本のセダンはどんどん販売台数が低下しているみたいな誤解を与える記事ですが、グローバルでのセダンの販売台数ならば、ドイツ車なんてハナクソみたいなものですよ。圧倒的に人気なのが日本のセダン。『セダンが人気』と書いてある欧州市場ではセダンよりもワゴンが売れてます。車種別の販売台数では、ゴルフ、クリオ(ルーテシア)が上位。欧州で一番よく売れるセダンとしてはVWパサートがありますが、販売比率では80%以上がワゴンなんですけどね。・・・もうここまでメチャクチャだともはやプロのライターが書く文章ではないですわ。

  さらにこの記事では『高品質』だとされるドイツ車のセダンは、例えば『メルセデスEクラス』だと、衝突安全基準でVWの小ぶりなSUVであるティグアンに負けちゃっているし。『ポルシェパナメーラ』は自動ブレーキはオプション対応なんですけどね。これはもうどっかの老人が小遣い稼ぎにろくに調べもせずに、20年以上前の記憶に基づいて記事をせっせと書いて納品しているんでしょうね。それでいてタイトルには『徹底研究』とか書いてある。読者を馬鹿にしてんのか!?片岡さん!!あなたの名義でとんでもない文章が書かれてますよ!!

  ベンツはともかく、BMWの『5シリーズ』なんてちょっと前までは、セダンとは名ばかりの『邪道』を極めた『輩』なクルマでしたよ!!4ドア車なのに300km/h出すボデーと足回りを用意すれば、そりゃ当然に乗り心地が犠牲になるでしょうし、とにかくクレイジー過ぎる(アリストターボを意識したのかな!?)。300km/hって相当ですよ!!全盛期のスーパーカーだってなかなか達成できない数字でした。それを4ドアで達成してしまうのは「イカれた」ドイツ車セダンだけです。

  4ドア&300km/hは、M5、アルピナB5とアウディRS6/7。それから最近発売されたばかりの新型パナメーラだけ。速さに誇りを持っているポルシェだって最高速度が300km/hを超えるのは上級グレードの「パナメーラターボ」だけってことを考えると、まあとんでもないクルマなんです。これを伝統のセダンと称するのはどうでしょうか!?ちょっと前の5シリーズは、ホンダレジェンドや三菱ディアマンテのデザインに、P10プリメーラの乗り味をパクっただけの単なる『機械バカ』だったと思うんですけど。

↓こんな真面目な人が、こんなめちゃくちゃな記事書くはずがない!!
  

最新投稿まとめブログ


  

0 件のコメント:

コメントを投稿