2017年8月1日火曜日

スイフトに『大きな拍手』という立派なタイトル、あれ!?やっぱり上から目線ですか・・・

  『web CG』でスイフトのフルHVのロングレビューが出てました。タイトルは「大きな拍手を送りたい!」だそうです。これまでのスイフトのイメージと逆行するHV化が、そもそも正直言って感触が全く良くない、と言うより食わず嫌いのレベルで敬遠されそうな新型スイフトを、どこぞの偉いライターさんがじっくり乗り込んで良い部分を存分に打ち明けてくれるのか!?そんな背景もあってタイトルからはとっても名レビューのオーラが漂っているのですが・・・。

  ほぼ理解されることはないであろう新型スイフトを、現在の苦境から救い出して、その状況を一変させることができる「インフルエンサー」は、日本のクルマ文化においてはプロ・アマチュア問わず、まずいないと思います。もし我こそは!!と思う人がいればチャレンジしてみる価値はありそうですけど。

  そしてさらにややこしいことに、新型スイフトはノートe-POWERを頂点に競争が過熱化しているコンパクトカー市場に置いて、その性能&コストパフォーマンスにおいて一級品にあるってことです。単純に『いいクルマ』という観点においては、同じBセグの欧州王者ルーテシアや、日本に愛好家が多いVWポロといったクルマさえも軽く上回っています。走りに関してはどれも甲乙つけがたい出来ですが、200万円以下でHVを投入してくる日本車のクレイジーなまでの『メカ主義』には欧州車が日本市場で立ち向かうのは無理です。

  『そんな事はない!!スイフトはまだまだ輸入車に及ばない!!」と反論したい気持ちもわからんでもないですが、それってやっぱりフェアではないです。『ミヤネ屋』で不倫&隠し子の宮根さんが今井絵理子議員の不倫を批判するくらいにフェアじゃない!!そもそも男性の国会議員だったら愛人の一人くらいは囲っているはず!!愛人を囲う人生をずっと送りたいと思うから、めんどくせー選挙活動で、頭の中空っぽの有権者とイヤイヤながらも握手なんかできるんじゃねーの!?そして中川氏みたいな連中は必死に議員ポストにしがみつくんだろうよ(考え方が古いか?)。

  ここ数日の報道を見ていて嫌悪感を覚えるのは、若い女性が国会議員を務めることに対するオッサン達の嫉妬。テレビに出ている人々は、あくまでテレビ用のコメントですから本心ではないのかもしれないですけど、報道の仕事でもなくヤフーに批判コメントを送ってしまう頭の中が超絶ダサいオッサンがたくさんいますよねー。これって自動車評論家が日本車に対して上から目線でモノを言いたがるのと同じ精神構造なんだろーな。ちょっとわかりにくいかもしれないけど今井議員=スイフトです。(一緒にすんじゃねー!!とおっしゃるスイフトファンは正論です!!)

  さてご立派なタイトルを思いついた森慶太さんですけども、レビューの中身はがっかりさせられっぱなしですわ。まったく悪意もなく内容を要約すると、
 『そもそも日本車は輸入車にはかなわないものである、だけどスイフトはその超えられない壁を必死で渡ってきている!!それはエンジン&モーターによるユニットの仕上げであり、CVTの質的向上であり、フラットな乗り味に置いて顕著である、新型スイフトに拍手!!』

  いやもちろんガチンコが信条だとおっしゃる森さんのレビューに『嘘』なんてあるとは思っていません。おそらくこれが本人がお感じになった全てであり、スズキとスイフトに向けた『大きな拍手』何でしょうけども・・・。しかしこれを読んでスズキの開発者は泣いて喜ぶと森さんは思っているのだろうか!? もしかしたらスズキの開発者は全員がドMで、これくらいに控えめな賛辞を送ってあげた方が喜ぶのかもしれません。あれだけのワンマン社長の元で仕事しているわけですから・・・全員がオサムさんの靴を舐められるヤツばかりなのかも。

  スズキの開発者はともかく、このレビューを読んだ一般人はスイフトという新型のクルマにどのような印象を持つだろうか?このレビューを読んだ直後に、試乗もなしですぐに注文を入れる人がいるだろうか? いや・・・むしろこのクルマが気になっていた人々の前向きな気持ちを折ってしまうケースの方が多いのでは。『大きな拍手』と言うタイトルを見れば、スイフトが好きなら思わずクリックしてしまうはず。そういう無防備な人々に浴びさせるレビューとしてはあまりにも猟奇的な内容だと思う。森さんのスイフトやスズキへの愛情がそもそも全くないことだけが明らかになった・・・『俺のアイデンティティは輸入車だ!!』という、その他大勢のポジショントークが大好きな自動車ライター業のオッサンと同じ主張以外の何者でもない。ガチンコライターの名が泣いている。


森さんのインプレッション


最新投稿まとめブログ


  

  

  

14 件のコメント:

  1. >CVTの質的向上であり
    スイフトにCVT載ってないと思うんですが…
    池田直渡のレビュー読んで、素直にスイフト・ハイブリッド
    凄いと思いました

    返信削除
  2. 代表取締役社長(CEO&COO) 鈴木俊宏

    ・・・影が薄くても忘れないでいてあげてください

    返信削除
    返信
    1. ハンガリーで売ってるスイフトにはCVTはないですね。
      これは『森慶太』という人の
      日本生産のスイフトのレビューに対しての感想です。
      悪しからず。

      削除
    2. オサムさんは一応、社長じゃないですよ。

      削除
    3. 去年まで実際に社長で、長期政権築いてましたよー。

      削除
  3. 上のCVT乗ってないとかいう輩、トヨタとスズキが組んだから日産系ジヤトコのCVTを使えなくトヨタ系アイシンの6ATなったと勘違いしているバカ野郎共だと思います。
    何故なら、トヨタの傘下同然となったダイハツスバルと違ってトヨタとスズキの付き合い方だと対等関係ですからマツダスズキの関係ですからね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      そんな情報が流れているんですね。
      フランス本国仕様のルノーはアイシンAW使ってますし、スバルのCVTもジャトコと二人三脚で開発しているみたいですね。サプライヤーのタブーはメルセデスには供給しない三菱重工のターボチャージャーが有名でしたけど、この両者も再び同じグループになっちゃいましたね。

      削除
  4. 新型スイフト、現在は苦境なんですか…新型は未体験ですが、先代の一般グレードは東北で何度も乗って大好きでした。あんなに小さくて非力なのに大人4人で快適に峠越えできるんですよ!速くはないですが山道を2時間走って誰も疲れない、価格やセグメントの枠を超えた本当に良心的・実用的な設計で、当時レンタカーでスイフトに当たると嬉しかったものです。なので新型のHVにもすごく興味があります。貴殿はもう乗られたのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      スイフトはノートe-POWERが天変地異を起こしたタイミングでFMCだったので、注目度が低く、イグニス、バレーノ、アルトでスイフトユーザーを結構喰ってしまったので目標に程遠い数字です。
      フルHVはまだですが、自然吸気は試しました。先代のスイスポのイメージが鮮烈なので、やや冴えないですね。軽くても案外シャキっと走らないですね。ポロ、デミオ、ルーテシアの互換機としては十分な性能とフィールはありますからコスパを考えるともっと売れていいとは思います。

      削除
  5. 新型ハイブリッド・スイフトに載ってるのは
    AGSであってCVTじゃないはずなんだけど?

    返信削除
    返信
    1. そんなことみんなわかってますけど何か?
      (森さんに凸してくれ)

      削除
    2. それこそNKに言ってくれ

      削除
    3. 失礼だが、あなた以外は誰も間違ったコメントはしていない・・・。

      削除
  6. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除